安心してつきあえる海外FXの業者はこうして選ぼう!

NO IMAGE

どのような危険性があるか知ろう

海外FXといえば追証なしでレバレッジが高く、安心して取引ができなおかつ一獲千金が狙えて魅力的に感じる人が多いものです。
しかし、実際には詐欺の危険性があり、無許可営業の場合や資金管理が曖昧だとせっかく利益を出しても資金を失うリスクもあります。

また、日本の金融庁に登録されていないため国内では利用を推奨していないため、トラブルが起きても自己責任でトレードをすることが必要です。

詐欺の被害にあいやすい要因は金融ライセンスがないと経営状況が悪くなれば出金を拒否しやすく、事前に登録されているか確かめて選ばないと後悔をすることになります。

また、資金管理で信託保全が義務化されていないため、分別管理だと倒産すると預けた資金が戻ってこなくなります。
そのほか、日本語に対応していないとトラブルが起きても問い合わせができないため、泣き寝入りをしないといけないことになりリスクが高いです。

どのようなポイントを確かめれば良いのか

安心して利用できる業者はネット検索をして口コミや評判が良いと参考になり、資金管理の方法や金融ライセンスがあることを確かめて決めると効果的です。
また、スプレッドが狭いと取引コストが減らせて利益が多くなり、入金や出金を行う方法や手数料などを確かめて決めると安心して利用できます。

海外の業者は取引方式がNDD方式で透明性があり、約定スピードが早く短期売買には最適です。
しかし、スプレッドが広くなり取引コストが高くなるため、口座タイプで狭くなるように決めると効率よく利益を出せます。
口座タイプはECN口座があればスプレッドが狭くなる代わりにボーナスがないため、ある程度の資金を準備することが必要です。

おすすめの業者の特徴を確かめよう

海外の業者を選ぶときは不透明な部分も多く、きちんと比較してから決める必要があります。確かめるべき項目は金融ライセンスがあることと信託保全があり資金管理がきちんと行われていることになり、スプレッドや実績、利用者の口コミや評判などで判断することが望ましいです。

そのほか、約定力や日本語対応のレベルやボーナスの内容があり、トレードのスタイルに合わせて決めると安心できます。
取引をするときは海外の業者になると送金や取引などで手数料がかかりますが、なるべく減らせるように決めると効果的です。

また、利用者の口コミや評判が良いとトレードの仕方が分かりやすく、参考にすると新たなきっかけをつかめます。