地元への投資の考え方

NO IMAGE

どうしても年齢とともに地元に対する愛着も湧いてくるものです。
特に自分自身が地元を離れて生活している場合、どのようにすれば地元に投資することができるか考えるでしょう。 
そのような場合にどのような投資ができるか、おすすめの投資を提示していきたいと思います。

まずはなんといってもふるさと納税の仕組みを忘れてはなりません。
自らの地元への愛着心を表すためにはふるさと納税が1番分かりやすいと思います。
もちろんふるさと納税の返礼品として地元の食品や特産物が得ることができれば非常にありがたいのではないでしょうか。

そして、その次に上げてみたいのが企業スポーツです。
プロ化がどんどん進むスポーツが多い中ですが、地元の企業のスポーツを応援すること、これが非常に貢献度合いが高くなると思います。

特にプロが進むスポーツでもジャンルによっては長期的に見てメリットがあると思えばさらなる投資を行ってこの間まで応援することがオススメになるのではないかと思います。結果的になんらかのキックバックがあったり、自分自身のメリットに繋がるからです。

企業に限らず様々なジャンルとして投資を行うのであれば、クラウドファウンディングも候補の1つになってきます。これは自治体の様々な取り組みを支援することであったり、個人事業主や中小企業の取り組みやサービスに対して、または正しく町おこしの授業について投資を行うことになります。

1口あたりの金額が少ないこともあって複数の案件を応援することができるので非常に利便性も高いのではないかと思います。

このように様々な形で地元に投資をすること、愛着を示すことが投資を通じてできることができるのですが、自らの見返りも十分に味わうことができるとなれば、非常に利便性が高い時代になったかと思います。

また、場合によっては地方銀行や地方の信用金庫で、地元ならではの投資案件を取り上げていることもあります。
これらに投資を行うことによってプラスの効果を得ることもできるでしょう。

以上のように様々な地元投資のありかたを考えてきましたが、実際には大きな投資を行わなくても小さな金額でも投資を始めることが可能です。

何よりも地元に貢献しようと言う思いさえあれば簡単にスタートすることができますので、上記のような例を探しながら、検討してみることをおすすめしたいと思います。
地域によって様々な貢献の方法がありますので調べてみることをおすすめします。